PEP 8:Pythonのコーディングスタイルガイド

実際、コーディングとロジックの適用はあらゆるプログラミング言語の基盤ですが、コーディングを行う際にはすべてのコーダーが留意する必要があるというもう1つの要因があります。それがコーディングスタイルです。これを念頭に置いて、Pythonはスクリプトの順序およびフォーマットの厳密な方法を維持します。これを守ることは時々必須であり、理解するのはユーザーの側に大きな助けです。他の人がコードを読みやすいようにすることは常に良い考えであり、素晴らしいコーディングスタイルを採用することはそのために非常に役立ちます。 Pythonの場合、ほとんどのプロジェクトが従うスタイルガイドとしてPEP 8が登場しました。それは非常に読みやすく目に優しいコーディングスタイルを促進します。すべてのPython開発者はいつかそれを読むべきです。ここにために抽出された最も重要な点があります:

  1. 4スペースのインデントを使用し、タブは使用しません。 例: 4スペースルールは常に必須というわけではなく、継続行を無視することもできます。
  2. docstringsを使用する:Pythonで使用できる単一行と複数行の両方のdocstringがあります。ただし、単一行コメントは1行に収まり、両方の場合でトリプルクォーテーションが使用されます。これらは、特定のプログラムを定義したり、特定の機能を定義したりするために使用されます。 例:
  3. 79文字を超えないように行を折り返します。Python標準ライブラリは保守的で、79行に制限する必要があります。行は、()、大()、および中()を使用して折り返すことができます。それらはバックスラッシュよりも優先して使用されるべきです。 例: 4.定期的に更新されたコメントを使用することは、コーダーとユーザーの両方にとって有益です。プログラムやユーザーの観点から見れば、助けになる可能性のあるさまざまな種類や条件もあります。コメントは完全な文章を形成するはずです。コメントが全文の場合は、小文字で始まる識別子でない限り、最初の単語を大文字にする必要があります。一言で言えば、末尾の期間は省略することができます。ブロックコメントでは、複数の段落があり、各文はピリオドで終わらなければなりません。ブロックコメントとインラインコメントの後に1つのを書くことができます。 インラインコメントの例 5.末尾の,の使用:これは、Tupleを作成している間以外は必須ではありません。 例: 5.国際環境向けの場合は、PythonのデフォルトのUTF-8またはASCIIエンコーディングを使用し、派手なエンコーディングは使用しないでください。 6.演算子の前後や,の後にスペースを入れます。 7.命名規則:プログラムを複雑でなく読みやすくするために従うべき命名規則はほとんどありません。同時に、Pythonの命名規則は少し面倒ですが、ここで簡単に従うことができるいくつかの規則があります。 APIのパブリック部分としてユーザーに表示される名前は、実装ではなく使用方法を反映した規則に従う必要があるという、最も優先される原則があります。 その他の命名規則は次のとおりです。 これらのいくつかの先頭または末尾のアンダースコアに加えても考慮されます。 例: single_leading_underscore:弱い内部使用の指標。例えば。 from M import *は、名前がアンダースコアで始まるオブジェクトをインポートしません。 single_trailing_underscore_:Pythonキーワードとの競合を避けるために使用されます。 例: double_leading_underscore:クラス属性に名前を付けると、名前マングリングを呼び出します。 (FooBarクラスの内部では、 booは_FooBar__boo;になります。) double_leading_and_trailing_underscore:ユーザー制御の名前空間に存在する魔法のオブジェクトまたは属性。例えば。 initimport、または__file__。文書化されたものとしてのみ使用してください。 8.識別子に使用してはいけない文字:単一文字変数名としての 'l'(小文字のel)、 'O'(大文字のoh)、または 'I'(大文字のアイ)。これらは数字に似ています。 1と0 9.他の言語を話す人々がコードを読んだり維持したりする可能性が最もわずかしかない場合は、識別子にASCII以外の文字を使用しないでください。

10.クラスと関数に首尾一貫した名前をつける:慣習として、クラスにはCamelCaseを、関数やメソッドにはlower_case_with_underscoresを使用します。最初のメソッド引数の名前として常にselfを使用してください。 11.メソッドの関数の命名は常にインスタンスメソッドの最初の引数にはselfを、クラスメソッドの最初の引数にはclsを使用します。関数の引数名が予約語と一致する場合は、末尾の,を使用して記述できます。例えばclass_ わかりやすいコードの書き方を知るために、この単純なプログラムを参照することができます。

🐶Pythonコードの例を示すで

# Python program to find the factorial of a number provided by the user. 
  
# change the value for a different result 
num = 7
  
# uncomment to take input from the user 
#num = int(input("Enter a number: ")) 
  
factorial = 1
  
# check if the number is negative, positive or zero 
if num < 0: 
   print("Sorry, factorial does not exist for negative numbers") 
elif num == 0: 
   print("The factorial of 0 is 1") 
else: 
   for i in range(1,num + 1): 
       factorial = factorial*i 
   print("The factorial of",num,"is",factorial) 

Last Updated: 5/19/2019, 1:59:13 AM