セット1

Pythonはカレンダーに関連する操作を処理する作り付けのモジュールカレンダーを定義します。 カレンダーの操作 1.カレンダー(年、w、l、c): - この機能は年、文字の幅、noを表示します。 1週間の行数と列の区切り 2. firstweekday(): - この関数は最初の週の日数を返します。デフォルトでは0(月曜日)です。

🐶Pythonコードの例を示すで

# Python code to demonstrate the working of
# calendar() and firstweeksday()

# importing calendar module for calendar operations
import calendar

# using calender to print calendar of year
# prints calendar of 2012
print ("The calender of year 2012 is : ")
print (calendar.calendar(2012,2,1,6))

#using firstweekday() to print starting day number
print ("The starting day number in calendar is : ",end="")
print (calendar.firstweekday())

🐶動画で動作確認してみよか?

動画で確認

  1. isleap(year): - この関数は、引数で指定された年がうるうかどうかを調べます。
  2. leapdays(year1、year2): - この関数は、引数で指定された年の間のうるう日数を返します。

🐶Pythonコードの例を示すで

# Python code to demonstrate the working of
# isleap() and leapdays()

# importing calendar module for calendar operations
import calendar

# using isleap() to check if year is leap or not
if (calendar.isleap(2008)):
       print ("The year is leap")
else : print ("The year is not leap")

#using leapdays() to print leap days between years  
print ("The leap days between 1950 and 2000 are : ",end="")
print (calendar.leapdays(1950, 2000))

🐶動画で動作確認してみよか?

動画で確認

5.月(年、月、w、l): - この関数は、引数で指定された特定の年の月を表示します。年、月、文字の幅、そしてnoの4つの引数を取ります。 1週間にかかる行数。

🐶Pythonコードの例を示すで

# Python code to demonstrate the working of
# month()

# importing calendar module for calendar operations
import calendar

# using month() to display month of specific year
print ("The month 5th of 2016 is :")
print (calendar.month(2016,5,2,1))

🐶動画で動作確認してみよか?

動画で確認

🐶 🐍

Last Updated: 5/19/2019, 1:43:17 AM